飲料水を確保するのが大事?

この雨水って、飲めるのでしょうかね?実は雨水は、飲めないと思ってください。
(汗)。
雨水には、たくさんの菌が入っています。
もちろん、殺菌処理がされていないので、それを飲むことはとても危険だと言えます。
(汗)もし、水不足などで、雨水をどうしも飲まなければならない時があると思います。
この場合は、70度以上の熱で10分間、熱処理をおこなってください。
言い換えると、雨水も飲料水として確保することが可能と言えます。
ですが、どこの雨水も安心という訳にはいきません。
(汗)地域によっては、酸性濃度が高い雨もあります。
(汗)また、最近だと懸念される放射性物質を含んでいることも考えられます。
(汗)そうした地域の雨水は、避けてくださいね。
また次に、雪ですが、これれは飲料水になるのでしょうか?雪は、雨水と同じく70度以上で10分間、熱処理をすると大丈夫です。
そうすると飲料水として利用可能です。
雪、氷を、直接食べることは、下痢などを引き起こしやすいので注意しましょうね。
いち早く水分を摂取したい場合、仕方なく雪、氷を口に入れるようになると思いますが、この場合は、少量ずつにしてくださいね。
水の確保と言うと、川の水がうってつけだと思いますよね。
水不足になっても、自分の家の前にある川、近くに川があれば、大丈夫だと思っている人も結構いるのではないでしょうか。
(笑顔)私達の周囲に流れている川の水は、全てが綺麗というわけではありません。
当然ですよ。
また、場所によっては生活で出る汚水を流している地域もあります。
この場合は、飲料水には出来ませんよね。
(汗)(続く)
赤ちゃん・子供におすすめの水とは?【ウォーターサーバーオススメ比較】